蝶の群れ

蝶の群れ

15cm×18cm

タイトルのままに、折り重なるような蝶の群れが描かれている。蝶の模様や背景の模様を銀線を頼りに一つひとつのガラスの面として眺めてみると、とても複雑に絡まり合った、ある種のモザイク模様のようになっている。この小さな面の組み合わせは技術的にもたいへん難しく、高度な熟練技術が生み出した、繊細な美となっている。そして忘れていけないのは、背景の白い美。模様ももちろん美しいが、背景の白が持つ輝きと清潔感は省胎七宝ならではで、そこも鑑賞のポイントとなる。

美術評論家布施英利

  • 作品一覧