あじさい

あじさい

18cm×16cm

省胎七宝は、その素材がつくる構造自体が今にも壊れそうで、それが省胎七宝ならではの愛おしさや美しさを生む。しかし上縁の口のところを、普通は金属の輪で補強するので、その分は壊れ難い。しかし時に彼女はその口の金属さえも取り去ってしまう。それは輪郭線のように視覚的な線として造形のアクセントではなくなるだけでなく、より壊れやすい。ゆえに奇跡的にそこに存在している儚さの美を、一層盛り立てる。ここでは淡い水色の花びらと薄い黄色の蕊が、素材感とマッチした色彩効果を発揮している。

美術評論家布施英利

  • 作品一覧